危険かも!?あなたのカメラストラップの結び方

フォトテクニック

突然ですが、あなたのカメラストラップ、端が余ってピロピロしてませんか?
このピロピロ、とっても危険なんです。

というのも、勢い良くカメラを構えると、
際に端が眼球を直撃して涙が止まらないだけでなく、
撮影が中断してしまったり、運が悪いと目に怪我を負ってしまう可能性もあるんですよ。
でも、ストラップってなんとなく…で取り付けがちです。

そこで、今まで違う付け方を試してみたら、
ピロピロ問題が解決したのでご紹介します。

通称「ニコン巻き」

この巻き方は「ニコン巻き」「報道巻き」「プロスト巻き」などと呼ばれています。
ニコンのサポートに修理を出すと、戻ってくる際にこの巻き方で戻ってくるとか、
プロカメラマンのストラップがこうなっているとか、色んな語源があります。
ニコンのカメラじゃなくてももちろん出来ます。

この巻き方の良い所は、
・余ったストラップの端がきちんと収納される。
・強度が増す。
・長さが固定される。

まあ、いいことづくめ!さあやってみましょう♪

取り付け方

<1>
装着前のストラップは通常BEFOREのように、
上からストラップ押さえ、引き上げ金具の順についています。
それらをAFTERのように、逆に付け替えます。

08_30_06

<2>
カメラのストラップ取り付け部分にストラップを通します。

08_30_03

<3>
赤矢印のように、引き上げ金具の上からストラップを通します。

08_30_04

<4>
余ったストラップの端をストラップ押さえに通して完成です。

08_30_05

じゃじゃーん!もうこれで安心♪

08_30_02

まとめ

ストラップは大切なカメラを守る大切な道具。
ちょっとした手間で安全性と安定感がアップするこちらの付け方、是非お試しください。


あなたのファン作りの第一歩を、一台のスマホから始めませんか?
>>>フォトブランディング 〜あなたの教室をいっぱいにするスマホ写真レッスン〜

KOLMEの情報発信に写真は欠かせません。
>>>KOLMEが売上を前年比3倍に増やした写真術 〜3つのNG写真〜

テクニック不要で簡単におしゃれなお花写真が撮れる4つのステップです。
>>>必見!スマホのカメラでお花をおしゃれに撮るカンタン4つの基本

4つの基本をおさえても、余計なものが写っちゃった!という場合はこちら。
>>>トリミング 写真の断捨離!?要らないモノは切り取っちゃえ

ニュースレター「こるめーる」でレッスン日程やイベント開催スケジュールをいち早くご案内しています。
>>>こるめーる登録ページ

この記事を読んだ人はこちらもチェックしています

同じカテゴリーの記事