きたる自粛期間を前向きに過ごすには、お化粧はアリかもしれない

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 KOLME(コルメ)パリ9区・ロマンチック美術館でロマンチックが止まらない
Michikoの雑記帳

こんばんは。いかがお過ごしですか?
こちら緊急事態宣言再発令目前の東京です。

自粛は仕方ないと分かってはいるものの、気分的にどんよりしてしまいますよね。
が、しかし!

世の中の状況が厳しかろうと、自分の気持ちは別物。
どんな時も楽しみを見いだせるようになりたい。

というわけで、まもなく始まる自粛期間パート2をご機嫌に過ごすアイデアを考えてみました。

家にいながらできて、身の回りにあるものでできること…。
運動は三日坊主になるから、もっと動かなくていいこと…。
そうだ、お化粧だ!

化粧をする

口紅やチークを最後に塗ったのはいつでしたか?
「外に出るときはマスクを必ず着けるから、顔の下半分はすっぴんでいっか〜。」
なんてことになっていませんか?

自分がまさにそれです。
海外ドラマに登場する美女と自分を見比べて「ワタシはなんてしみったれた顔をしているのだろう…」なんてやさぐれちゃっいましたよ。
しかーし、すっぴんの顔を見ているからやさぐられるわけで。

お化粧、すればいいんですよね!
しかも、下地から口紅までのフルメイクです。

ハレの顔を思い出して、自己肯定感も上がりそうではないですか?

マスクに化粧がつくのを防ぎたい

行き先が家の近所だとしても、お化粧した顔で外に出ればウキウキするはず。
しかし、メイクした顔の上からマスクをつけるのはよいとして、外したマスクにチークがついたり、小鼻の周りのファンデーションがよれるのは防ぎたいところです。

そこのところをYouTubeで探したところ、化粧崩れを防ぐ品の存在を知りました。

「フィックスミスト」と呼ばれるスプレーです。
こちらをメイクの仕上げに一吹きするとアラ不思議、顔、崩れな〜い。
となるらしいのです。

本当かなあ?
試しに買ってみたので、使ったらこちらでご報告しますね。

今回の自粛は摂取カロリーを抑えたい

前回の自粛期間はパンやお菓子などの料理にハマったおかげで、カロリー過多になってしまいました。
しかし、お化粧はゼロカロリーですし、たるんだすっぴん顔に喝が入り、ほどよい緊張感を保てそうです。
家の中でドレスアップしてみても、お化粧と同様の効果が見込めそうですね。

おお〜、お化粧のことを考えていたら、心なしか体温が上がってきましたよ。
すごいな!

Michiko

KOLME妹。東京都出身。webデザイナー兼プログラマー発、アパレル経由、KOLMEの裏方兼フォトグラファー(何でも屋)。感覚と論理の世界を行き来する末っ子...

プロフィール

こちらもよく読まれています

同じカテゴリーの記事