辛さの中にチャーミング Netflixドキュメンタリー「都市を歩くように -フラン・レボウィッツの視点-」

都市を歩くように フラン・レボヴィッツ
Michikoの雑記帳

ニューヨークが舞台の映画やドラマが好きです。
世界中からビジネスマンやクリエイターが集まり、常に新しいものを生み出している街。
画面ごしにみなぎるエネルギーを感ています。

Netflixの「都市を歩くように -フラン・レボウィッツの視点-」もニューヨークが舞台。
1970年代から活動するアメリカの作家&批評家、フラン・レボヴィッツが映画監督のマーティン・スコセッシと語り合うミニドキュメンタリーです。
お題は「文化」「都市の交通」「お金」「スポーツや健康」などなど。

フラン・レボヴィッツの頭の回転の早いこと早いこと!
観覧者の質問に答える公開インタビューではバッサリと質問を斬ったり、好き嫌いもはっきり口にします。
辛口なのに嫌味はなくて、むしろチャーミングな印象すら湧いてきます。

知性的って、こんな人のことを指すんだな〜。

都市を歩くように フラン・レボヴィッツ

背筋をしゃんと伸ばしてまっすぐ前を歩く姿にもシビレます。

スコセッシがゲラゲラ笑うシーンが沢山でてくるのですが、笑いのツボが分からない箇所もあり…。
英語が分かるとさらに面白いんだろうなあ。

自分の未熟さにウダウダしたら、このドキュメンタリーでぶった斬ってもらおうっと。

ユーモアたっぷりの辛口作家フラン・レボウィッツと、マーティン・スコセッシが膝を交えて語り合う。フランの視点から、ニューヨークの魅力が見えてくる。

Michiko

KOLME妹。東京都出身。webデザイナー兼プログラマー発、アパレル経由、KOLMEの裏方兼フォトグラファー(何でも屋)。感覚と論理の世界を行き来する末っ子...

プロフィール

こちらもよく読まれています

同じカテゴリーの記事