【レポート】2/14「集客につなげる、ホームページ・ブログ・SNS発信の基本テク」web集客キホンのキ勉強会

フラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 KOLME(コルメ)「集客につなげる、ホームページ・ブログ・SNS発信の基本テク」web集客キホンのキ勉強会」レポート
イベントレポート

2019年2月14日にKOLMEで開催された『web集客キホンのキ勉強会』のレポートをお届けします。
4回目となる今回のテーマは「集客につなげる、ホームページ・ブログ・SNS発信の基本テク」。ご自分のビジネスについてwebの情報発信力をUPしたいとお考えの5名様にお集まりいただきました。

web集客キホンのキ勉強会とは?

『web集客キホンのキ勉強会』はKOLMEが主催するイベントの一つ。お教室やサロンを運営している女性達と「web集客のお悩み」をシェアして解決のヒントを見つけます。

KOLMEから参加者へ一方的に教えるのではなく、参加者同士で経験談やアドバイスを交換双方向のやりとりが生まれるライブ感あふれる勉強会です。

「ホームページ」「ブログ」「SNS」、なんとな〜く違いはわかるような…?

ご参加いただいた皆さんに、現在使っているwebツールについて尋ねてみたところ、平均3~4種類を使い分けていらっしゃいました。実際それらを使い分けられているかというと……できているような、できていないような?というご様子。

「ホームページ」「ブログ」「SNS」の線引きをはっきりさせて目的にあった使い方ができるよう、それら3つの違いと使い分けのコツについてお話をしました。

巷にあふれるSNS、何ができて何ができないの?

web集客の観点から見れば、SNSは頻繁に更新したほうが有利です。
しかし、変化の早いインターネットの世界では、次から次へと新しいSNSが誕生しますよね。 そのたびに新しく始めてみるものの、結局更新が追いつかなくてしんどい……そんな経験はありませんか?

そんな「自分がSNSに使われている状態」から、「自分がSNSを使っている状態」にするためには、まずそれぞれのSNSについて知ることが必要です。
そこで、現在日本で使われている代表的なSNSの特徴や得意なこと、苦手なことをお話しました。

ご参加いただいたそれぞれの方のビジネスによって、どのSNSが合うか異なるのが面白いところです。

webで情報発信をするときにまず考えること

フラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 KOLME(コルメ)「集客につなげる、ホームページ・ブログ・SNS発信の基本テク」web集客キホンのキ勉強会」レポート

上でお話したweb発信のノウハウを使えば、集客し続けられる!
と、言い切りたいところなのですが、web集客に関しては「今日のノウハウは来年には使えない……」ということが当たり前に起こります。

しかし、そんな変化が目まぐるしい時代であっても、変わらないことがあるというのも事実。
その「変わらないこと」を情報発信するときに意識するといいですよというお話、そしてそれは一体どんなことなのか?具体的にどうすればいいのか?というお話をしました。

ご参加の皆様の声

コンセプトを考えることに注力しようと思いました。

赤川様

SNSのそれぞれの違いが具体的にわかり、参考になりました。皆さんと意見をシェアできて楽しかったです。話しながら自分の意見もはっきりしました。

K.I.様

今やるべきことが見えてきました。頭の中を整理することができました。

M.N.様

セミナー本体、座談会(?)を含め、大変勉強になりました。

M.H. 様

各々の特徴と使い方がよく分かりました。また、コンセプトの大切さと行動の大切さを改めて感じました!!

匿名様

まとめ

すでにSNSを活用している方から、SNS初心者の方に具体的なアドバイスがされたり、これからのビジネスの方向性に合った発信方法を模索しているお話をしてくださったりと、今回は今まで開催してきた中でご最もご参加者様から多くのお話を聞ける勉強会になりました。

「ああ〜、自分はこういう場を作りたかったんだよなぁ」と心の中で嬉し泣きですよ。

前向きに行動している女性は目に力があり、その人らしい美しさが溢れている!
素敵な女性達から、大きなエネルギーを分けていただきました。

ご参加の皆様、ありがとうございました。


web集客成功のヒントを探るKOLMEの「web集客キホンのキ」勉強会
次回は2019年3月14日(木)開催「集客できるホームページへリニューアル!の前に知りたいこと」です。詳細&お申し込みはこちらから。

フラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 KOLME

この記事を読んだ人はこちらもチェックしています

同じカテゴリーの記事