X’masリースとスワッグに使うリボン用の生地を調達しました

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)
Michikoの雑記帳

自分で作ったリースやスワッグにリボンを結ぶ工程が好きです。
最後におめかしをしているみたいで、嬉しくないですか?

KOLMEのクリスマスレッスンで作るリースとスワッグには、5mm〜1cm幅のリボンを使っています。
今年は違うタイプを使ってみたいな〜ということで、作ることにしました。

今日はリボンの材料となる生地をご紹介しますね。

リボンの生地選び

ブーケと同じく、リボンも素材選びが大事です。
・とろみがある
・軽い
・ほんのり透ける
・美しいドレープが出る
この4つの条件を満たす生地を2種類探してまいりました。

赤い生地

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)

梨地織りのジョーゼットです。
表面が梨の皮のように、ざらっとした凹凸のある生地です。
あるかないかわからないくらいの控えめな光沢がいいですね〜。

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)

赤って強い色ですが、こちらの生地だと色の強さが落ち着きます。

グレーの生地

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)

こちらはコットンジョーゼットです。
神代植物公園の針葉樹園に漂っていた霧が、こんな感じの青みグレーだったんですよね。
グレイッシュなスギやマツの葉にピッタリだと思って、こちらを選びました。

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)

表面に細かいシワが入っており、なんともいえない表情があります。

さあて、これらを何センチ幅のリボンにしますかね。
来週の月曜か火曜に出来上がりをお見せできる予定です。

お楽しみに〜。

クリスマスレッスンの受付が始まりましたよ〜

これから迎えるハロウィンを通り越して、クリスマスレッスンのご案内です。令和2年を締めくくるクリスマスはどんな風にインテリアを飾ろうかな〜♪と、心が踊りませんか?KOLMEのクリスマスレッスンでは、リースやスワッグを作りながら、もれなく樹々のマイナスイオン...

個人的お気に入り針葉樹園のある神代植物公園はこちら

秋らしいレジャーをしたい!ということで、お弁当を持って都立神代植物公園に行ってきましたよ。特に何をするでもなく園内を歩くだけなのですが、自然と元気になれるんですよね。植物のパワーのおかげで、日々のお疲れも軽くなります。という模様をお届けしま〜す。...

Michiko

KOLME妹。東京都出身。webデザイナー兼プログラマー発、アパレル経由、KOLMEの裏方兼フォトグラファー(何でも屋)。感覚と論理の世界を行き来する末っ子...

プロフィール

この記事を読んだ人はこちらもチェックしています

同じカテゴリーの記事