ディプロマ卒業生Le Troisグランドオープン

卒業生の活動

花を仕事にしたい方のために、花のスキルとビジネスの両方を効率よく学ぶ、をコンセプトにスタートしたKOLMEのディプロマレッスン。
開設時にいの一番で申し込みしてくださったユキさんは、2020年9月3日 Le Troisをグランドオープンし、3年間の花修行をついにカタチにしました!
ディプロマ卒業生初の開業をお祝いすると共に、ユキさんとKOLMEの歩んだ3年間を振り返っていきます。

お花初心者からのスタート

ユキさんが初めてKOLMEにいらしたのが2017年。
お花初心者さんでした。
毎月のレッスンで、皆さんと同じく基本のブーケロンを作り、パリスタイルを楽しんでらっしゃいました。

当時の印象は「すっごくスジがイイ!」でした。
感覚が良くって、アドバイスしたとこはすぐに実践できちゃう器用さ。
しかもやることがとても丁寧。
時には細かくやり過ぎて時間がかかりすぎることもありましたが、納得のいくものを作りたい!という意志の強さは人一倍強かったですね。

KOLMEにいらして半年後ぐらいには、月に2回レッスンに通うようになり腕はメキメキ上達してきました。
それからしばらくして青山のアイロニーに研修に行くようになり、花に対する姿勢が他の生徒さんと明らかに違ってきていました。

KOLMEリニューアル

2018年9月KOLMEアトリエリニューアル時に開催したリニューアルパーティーでは、日本各地から駆け付けてくれたお花の先生方と共にスタッフとして、会場装花やお土産のブーケ制作を手伝っていただきました。
その時はもう生徒さんではなく、一緒に仕事をする仲間といった感じでした。

ディプロマレッスンスタート

リニューアルしたアトリエで心機一転、1年後の花仕事スタートを目標にディプロマレッスンをスタートしました。
ユキさんもドキドキしていたと思いますが、私たちも初めてのディプロマレッスンでプレッシャーを感じ、緊張していたのを覚えています。
それでも気心知れたユキさんのおかげで、思考錯誤を繰り返しながら毎回内容の濃いレッスンを進めることができました。

子育てしながらの一人花仕事

ディプロマレッスンでの1年間は作品の幅を広げると同時に、テクニックも強固なものにしました。
花のことはもう心配なし。あとはどう仕事をしていくか。

ディプロマレッスン受講中からできる仕事は受けて、主体的に動くことに慣れていたので、卒業後も花仕事のペースを落とさずに進めていきました。

一人で仕事をすることは、怠けようと思えばいくらでも怠けられるので自己管理がカギとなります。
まして子育て真っ最中の大忙しママ。両立させるのは大変でしょう。
でも、理解あるご家族に支えられ、ユキさんペースでしっかりお仕事なさっています。

花仕事=商売はあきないこと。
思うような数字が出なくても、飽きることなく続けていってくださいね。
小さな日々の仕事の積み重ねがLe Troisを立派なものにしていくことでしょう。

ユキさんのさらなるご活躍を心より願っています!


プレディプロマコースレッスン、ディプロマコースレッスンを検討されている方へ、無料説明会を開催しています。お気軽にお問い合わせください。

まずはトライアルレッスンでKOLMEの世界観を体験してくださいね。

Kazuko

KOLME姉。東京都出身。幼い頃より日本舞踊から茶道、華道を習い、日本の伝統美に触れる元・三味線奏者のパリスタイルフラワーアーティスト。責任感が強く面倒見の...

プロフィール

この記事を読んだ人はこちらもチェックしています

同じカテゴリーの記事