いつでも虹を見に行こう ディプロマコース卒業生の声 しょうこさん

生徒さんの声

始めまして。
Nijinohaのしょうこです。

コルメとの出会いは、2年前。
久しぶりにお花習いたいなあ、と思い、本屋さんでお花関連のものを立ち読みしていました。
手に取ったのはパリスタイルフラワーの本。

こういうの好きだなあとぼんやり思いながら、その時本は買わず に店を後にしました。
なんて題名の本だったかなあ…と家に帰って、その本を探すためにPCに入力した「パリスタイル」の文字、出てきたのはKOLME のホームページでした。

結婚したての頃、2年ほどクラシカルなタイプのアレンジメントを習っていました。
趣味で やってはいたものの、こういうの好きだなあ、花屋で働きたい。
そんな思いはあったものの、夫に言うと「休みが合わないのは困るなあ」と。

夫はサラリーマンで、早朝家を出て帰宅は遅く、平日は帰ったら寝るだけ、土日にやっと二人の時間が持てる。
一緒に居たくて結婚したのに、私と休みがずれてしまったら、いったいいつ時間を共有すればいいのか…。

やがて娘が生まれ、子育ても忙しくなり、習っていたアレンジメントの教室も辞めました。
お花屋さんに行くと花をやりたくてたまらなくなってしまうので、花屋にもいかなくなりました。
そのころ体調を崩していた私は仕事にも復帰できず、子育てにかかる出費を考えると、お花どころでなかった、ということもありました。

運命の出会い!?

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)フラワーアレンジメント レッスン風景 バラ ブーケロン

ずっとずっと蓋をしてきたお花への思い。
娘が中三になった夏、もう一度火が付きました。

パリスタイルフラワーって何だろう。
KOLMEのHPにたどりついた私はその内容に目が釘付けに。
花の仕事に憧れがあったものの、それは花屋店舗勤務の実績があって初めて実現するものだと思っていました。
結婚したての頃習っていたアレンジメントの先生も花屋経験者でした。

しかしKOLMEの先生であるKazukoさんの経歴を見ると、なんと花店勤務 経歴がないのです。
そんなことができるの?ホームページを隅から隅まで見ます。
何度見返してもKazukoさんの花屋経験は無しです。

そしてKazukoさん自身、主婦としての子育て期間、外の世界とも接点を持ちにくい時期があったことが書かれています。
「特に主婦とし て生きてきた女性に外にふみだすきっかけとしてお花を提案したい」。
私はまるで雷にでも 打たれたような衝撃を覚えました。

この言葉はまるで私のためにあるのではないだろうか。
これってもしかして運命の出会い??

そしてMichikoさんの経歴を見ます。
バックパック一つで行き先も決めずにヨーロッパを旅する。
このプロフィールも私の心を射抜きました。

私の好きな3大テレビ番組はバックパック一つで気ままに旅するようなもの、人里離れた場所で自給自足生活、リフォーム番組(笑)でした。どれも「したいようにする」のコンセプトの番組ばかり、その一つを地で行ってるMichikoさんに興味がわかないわけがありません。

心では自由に世界を旅したい、自由に生きてみたい、と思うものの、現実を見るとかなりの虚弱体質(笑)、頻繁に起こる胃痛頭痛。
自由に旅するなんて無理だよね、その言葉で終了。

KOLMEのホームページを何度も見つつ、この二人に会ってみたい。
でもお花始めるとお金かかるし…体験だけなら…ディプロマの話も聞いてみよう。
もじもじの中やっと体験レッスンを申し込みます。

体験レッスンは、大満足。
こんな素敵なお花を使って束ねるなんて!
そのまま、ディプロマの説明を受けます。

一通り説明を受けておしまい、くらいの軽い気持ちで来たのですが、こちらの深いところにぐいぐい質問が及びます。
そこまでの準備ができていなかった私は、とりあえず即決できない言い訳をしてその日は帰りました。
その説明の中で、Michikoさんが言った一言「人生もっと簡単でいい」が深く心に響きながら…。

無くなる前に使ってしまえ!

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)大田市場研修からのディプロマレッスンレポート2021年2月

お花のレッスンやりたい!ほかのスクールも探してみます。
が、どれも私の心を射抜きません。
こうなったら花屋の求人だ!と仕事探しに走ります。
とりあえず2件のお花屋さんにメールを送りつつ、主人にその話をします。
するとやはり例の言葉が…。

「いいけど、土日の家事負担が俺に来るのは困るなあ」と。
家事は仕事から帰ってからやるからそのまま放っておいていいから、と話しますが、家事がたまったままなのは嫌、と。
実際彼は休日の掃除洗濯は引き受けてくれていて、これ以上自分の時間が無くなるのは嫌、ということでした、そりゃそうですよね。

スポーツチームに属していた息子は、土日朝早く県外遠征に行くことも多く、土日私がいないと、家事負担と息子の遠征車出し、平日は夜も遅く仕事でくたくたの彼の負担になることは目に見えていました。
花屋の求人も通らず、また悶々とします。

ディプロマコースで始めて、いずれは花の仕事を自分でやる、がちらつきますが、そこの決断はしきれず、まずはレギュラーコースを受講することにしました。
3回ほどレッスンを受けたころ、プレディプロマコースを受けよう、と思いますが、なぜかレッスン日程に都合がつきません。
そうしているうちにコロナでリアルレッスンができなくなり、プレディプロマも始められず…。
リアルレッスン再開の昨年6月、もう我慢が出来なくなり、「ディプロマやります!」とKazukoさんMichikoさんに告げます。

コロナでどうなるかわからないし、もしかして自分も死んじゃうかも?
金融崩壊も噂されてるし、銀行潰れてお金が無くなる前に使っちゃえ!

新しい私スタート

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)nijinoha リース ワークショップ

ディプロマコース1年間を通じて感じることは、自分がどうしたいか表現することは長い間私が辞めてきたことなんだなあということです。
レッスンでKazukoさんが何度も私に問いかけます。
「尚子さんはどうしたいですか?」

「こうしたい」と言うことは、幼少期から人の機嫌をうかがうことから始める癖が染みついています。
自分の考えを表に出すのは良くないことで、人が良しと言ってくれないと、それは正解ではない。

どうしてこれをずっとずっとやってきたのか、と幼いころの自分を感じていくと、常に親を喜ばせたかった。
他の人からの評価から自分を下げさせないことで、両親を守って来たのだなあと思いました。

何のために生きるのかといえば、自分がやりたいことをするために、人生を楽しむために生きるわけで。
私は長いこと自分に軸がなかったことに深く深く気づかされます。

人生の軸を自分にフォーカスしたKOLMEのレッスンは楽しく、花選びに少しずつ自信がついてきます。
花が選べるようになると、自分のことは自分で決めていいのだ、という実感が実生活でもどんどん出てきます。

そして何よりも代えがたいのは、自分が一歩踏み出したことで、出会う人までががらりと変わってしまったこと。
KOLMEで出会ったKazukoさんMichikoさんを始めとして、レッスン生の皆さん。

こんなにも夢をどんどん実現していく人が私のまわりにたくさんいて、自分も家族もとても大切にしている人達。
この出会いは花の技術だけではない私の得た財産です。

一年前を思うと、なぜかもっと何年も前に感じます。それくらいこの一年色濃く生きたのだと思います。
ディプロマコース修了は終了ではなく、一つの区切り。
これからどうしていくか、どう楽しんで生きるかのスタートと思います。

いつも外に求めていた虹は自分の中にありました。
何かに迷われていたら、どうぞその一歩を踏み出してくみてください。
きっとあなたの虹が見えてきますよ。

しょうこさんが初めて講師を務めたワークショップの模様はこちら

2021年5月26日に開催された「生花リース作り」ワークショップのレポートをお届けします。本イベントはKOLMEディプロマコースレッスンの授業の一環として、企画から運営まで受講生が一人で手がけるというもの。今回の主催者・しょうこさんは2020年7月に当コースを受講開始しました。レッスンスタート時は花材選びに戸惑うことも多かったのですが、今ではお一人で市場へ仕入れに行けるようになりましたよ。彼女の得意技は、花材そのものの姿を生かしたオーガニックな花合わせです。摘みたてのお花で遊ぶように、リースをご参加者さんに...

しょうこさんのエッセイはこちら

こんにちは。エッセイ2回目。なかなか文章を書くことに慣れなません(笑)。Nijinoha ~虹の葉~のしょうこです。サラリーマンとしてしか働いたことのない私が、自分で商売をするということでの壁にぶち当っています。いつでも虹を見に行こう、私にとっての「虹」をとことん考えてみました。原点は虹の葉私にとっての虹とは...ものごころついた時から今も変わらず、それを見ると心の奥深くがキュンとする大切なもの。秋になると色づいた落ち葉(虹の葉)やどんぐりを大切に箱に入れて取っておいた幼いころの記憶。大人になった今でもこれらの...


プレディプロマコースレッスン、ディプロマコースレッスンを検討されている方へ、無料説明会を開催しています。
お気軽にお問い合わせください。

現在、プレディプロマコースレッスンはリニューアル中につき募集を休止しております。2022年より「クリエイションコース」と名称変更して実施予定です。「花選び」と「花材の組み合わせ」を軸に、自分の「好き」をひと束のブーケに表現する方法を学び、実践する内容を準備しています。初めてのブーケ作りから一歩進んだ、「花屋さんに並ぶ沢山の花の中から、これ!という花を選べるようになりたい」「自由に花やグリーンを組み合わせて、思い通りのブーケを束ねられるようになりたい」という、次のステップに踏み出す選択肢の一つに加...

Shoko

千葉県柏市にて店舗を設けず花の仕事をしてます。屋号は Nijinoha~虹の葉~。好きなもの、花、野菜、お茶、香り、樹木など植物絡みのものと猫。のんびりして...

プロフィール

こちらもよく読まれています

同じカテゴリーの記事