「b8ta 有楽町」ベテラン主婦大喜びの便利グッズに出会える

b8ta有楽町
Michikoの雑記帳

Kazuko、KOLMEママ、姪と4人で有楽町のb8taに行ってきました。
MoMaデザインストア、アップルストアを足して2で割ったような店構えと、意識高そうな雰囲気にびびっていましたが、実際はシニア代表KOLMEママも大喜びの素敵なお店でした。

西銀座デパートとペニンシュラホテルの間、晴海通りに面した有楽町電気ビル1階にあります。

体験型店舗・b8taとは?

商品を見て、試して、買える店。

お店なんだから、そんなの当たり前田のクラッカー(死語)って思いますよね?
なのですが、こちらは売る側の仕組みが新しいようなのです。

商品を売る側が、b8taに料金を支払って店舗販売してもらいます。
b8taは販売だけでなく、売り場づくり、スタッフの手配、在庫管理などの業務を代わってくれる上に、店舗で収集されたデータを提供してくれます。
このデータには、商品に興味を持った人がどのような人なのか、どのように試したのかといった情報が含まれているため、製品開発やマーケティングに活かすことができるんですね。

リスクを抑えて販売ができ、データ収集できちゃう。

「Retail as a Service(サービスとしての小売)」と呼ばれる店舗運営の仕組みを作ったので、注目を集めているそうです。

2015年サンフランシスコで創業し、アメリカで23店舗、ドバイで1店舗を展開しています。
日本初上陸となるこちらの有楽町店は8月1日にオープンしました。(同じ日に新宿にもオープン)

主婦大喜びの便利グッズ

店内に並ぶ商品のほとんどは最新ガジェットと呼ばれる機械。
つるんとした見た目の楕円だったり、箱だったり、何に使う道具か見当もつきません。
ついていけないKOLME御一行…。

b8taはホームセンターのカインズと提携しており、奥にカインズおすすめ商品のコーナーがあります。
最新テクノロジーとは一線を画する便利グッズにKOLME御一行大喜び!

スタンド式のほうき&ちりとり、新春かくし芸大会のマチャアキのテーブルクロス引きみたいに洗濯物が外せる物干し用のピンチハンガー、先端が台から浮く菜ばし。
かゆいところに手が届くアイデア商品にリアクションを取る様子はまるで、通販番組のオバチャンエキストラです。

角度を変えられるクッション。欲しい。

在庫のあるものはその場で購入可能です。

以上b8ta有楽町店のレポートでした。

じんわり人肌でむくむくと動く手のひらサイズのぬいぐるみ・mofurinに釘付けの御一行。販売未定のサンプル的な商品にも出会えます。

ネットで見つけたb8taの紹介にはカタカナは英語が多く使われており、一部の尖った人向けの印象が強かったんですよね。
ところが実際は、思いっきり生活感のある便利グッズもあって安心しました。

話のきっかけになるようなプレゼントを探すのにちょうどいいかも。

b8ta 有楽町店 基本情報

【b8ta Tokyo Yurakucho】
住所
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1丁目7−1 有楽町電気ビル1階
ウェブサイト
https://b8ta.jp/

Michiko

KOLME妹。東京都出身。webデザイナー兼プログラマー発、アパレル経由、KOLMEの裏方兼フォトグラファー(何でも屋)。感覚と論理の世界を行き来する末っ子...

プロフィール

この記事を読んだ人はこちらもチェックしています

同じカテゴリーの記事