旅の思い出スクラップ チェコ・プラハのカフェ “カフェ インペリアル”

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)旅の思い出メモリーズ チェコ プラハ
Michikoの雑記帳

東京から出られなかった2020年の夏休み。
昔のDVDを漁ってみると、忘れていた旅のデータが出るわ出るわ!
タンスの肥やしにしておくのはもったいないので、web上にスクラップノート(というかログ?)を作ってみました。

本日の1ページは、2011年の9月末に訪れたチェコの首都・プラハにある“カフェ インペリアル”です。

カフェ・インペリアル

インペリアル・カフェ

1914年にオープンした5つ星ホテル“アールデコ・ホテル・インペリアル”内のカフェ。
カフェコーナーとレストランコーナーに分かれています。

訪れたのはカフェコーナー。
細かなモザイクやレリーフに彩られた天井や壁、曲線が重なった背もたれの椅子のある豪華な内装は映画のセットみたいです。
それもそのはず、ここは第二次世界大戦後に映画のセットとして使われたこともあるそうで。
2005年から2年の改装工事を経て、開業当時の姿が再現されました。

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)旅の思い出メモリーズ チェコ プラハ
たっぷりのフレッシュミントに熱湯を注いだミントティー。
肉、チーズ、小麦の団子が多いチェコ料理でお疲れの胃腸を整える作用も。

インペリアル・カフェ

生クリームたっぷりのチョコレートドリンク。

ケーキもフードメニューも充実しているので、その日のハラ具合でお好きなものをどうぞ〜。
コーヒーを頼むともれなくドーナツがついてくるそうです。

かつてハプスブルグ帝国の中心都市だったプラハは、ウィーン同様にカフェが文化として人々の生活に根付いています。
入るのを一瞬ためらうような豪華なカフェでも、普段着のご近所さんらしきお客さんがお茶をしている気軽さ。
「ごらんください、こちらが歴史的なアールデコ的建築でございます!」と珍重しなくても、地元の人にとっては空気の一部なんですよね。
所変わればですね。

明日もプラハカフェをお届けしまーす。

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)旅の思い出メモリーズ チェコ プラハ

カフェ・インペリアル 基本情報

【Café Imperial】
住所
Na Poříčí 1072/15, 110 00 Petrská čtvrť
営業時間
月火水木金・7:00〜23:00
土・8:00〜23:00
日・8:00〜22:00
ウェブサイト
https://www.cafeimperial.cz/

Michiko

KOLME妹。東京都出身。webデザイナー兼プログラマー発、アパレル経由、KOLMEの裏方兼フォトグラファー(何でも屋)。感覚と論理の世界を行き来する末っ子...

プロフィール

この記事を読んだ人はこちらもチェックしています

同じカテゴリーの記事