NOT 過去の後ろ髪 BUT 未来のつんのめり オラファー・エリアソン ときに川は橋となる@東京都現代美術館

オラファー・エリアソン ときに川は橋となる
Michikoの雑記帳

清澄白河にある東京都現代美術館で展示中の「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」に行ってきましたよ。

謎のオブジェやインスタレーションなど、伝統的な絵画とは異なる形態の作品が多い現代美術。
つかみどころがない、よくわからないからこそ、先入観を持たず、作者の思いと向き合えるのが面白いところなんですよね。

予備知識ゼロで挑んだ今回も、後から気づきがこみ上げてくる素晴らしい展示でした。

オラファー・エリアソン ときに川は橋となる

再生可能エネルギーと気候変動がテーマになっている本展。
タイトルの<ときに川は橋となる>とは、不明瞭なこと・目に見えないものが目に見えるようになる、ものの味方が根本的に転換されることを意味しています。

過去を起点に構築した未来=いま現在。
今の地球環境のままでだと、大変なことになってしまう!

オラファー・エリアソン ときに川は橋となるそうならないためにも、
「過去ずっとこのやり方だったから、この流れでこうすればOK」という、かつての進歩の歴史を考え直して、“未来のあるべき姿”をもとに現在を形づくる必要があるということなんですね。

山口周さんの本「ニュータイプの時代」の中にあった、「予測と構想」「未来がどうなるのか?」「未来をどうしたいか?」の箇所と重なりました。

この展示での発見
令和の現在は、“過去の後ろ髪”ではなくて“未来のつんのめり”である。

この展示は9月27日(日)まで開催しています。
詳細はこちらからどうぞ
>>>オラファー・エリアソン ときに川は橋となる

清澄白河 ナンディニ ミニミールス

東京都現代美術館から歩いて3分のところに、南インドカレーが美味しい“ナンディニ”があります。
ランチはここのミールスに決まり!!

関連ランキング:インド料理 | 清澄白河駅菊川駅

Michiko

KOLME妹。東京都出身。webデザイナー兼プログラマー発、アパレル経由、KOLMEの裏方兼フォトグラファー(何でも屋)。感覚と論理の世界を行き来する末っ子...

プロフィール

この記事を読んだ人はこちらもチェックしています

同じカテゴリーの記事