ママでも今はじめよう、新しいこと vol.14 ルトロワこだわりのハロウィンリース

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)ママでも今はじめよう、新しいこと vol.14 ルトロワこだわりのハロウィンリース
卒業生の活動

こんにちは。
ルトロワのユキです。

暑さ寒さも彼岸まで、とは言いますが、急に寒くなってしまって。
季節の変わり目は、体も心もついてくのが大変ですね。

それは大人も子供も同じようで、子供たちも疲れた表情を見せたり、朝なかなか起きなかったり。
かと思えば夕方の習い事でテンションが上がってしまって眠れなかったり。

そんなこんなですが、毎日楽しくルトロワ業、母業やっていますよ。
10月はハロウィンに飾るリース制作にまつわるお話をお届けします〜。

ハロウィンにリースを飾りたかった数年前

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)ママでも今はじめよう、新しいこと vol.14 ルトロワこだわりのハロウィンリース
数年前、まだ花との関わりがなかった頃、ハロウィンにリースを飾りたいと思い立ち探し回ったことがありました。
お店に行ってもう〜ん、イマイチ。ネットを見てもう〜ん、ピンとこない。
クリスマスに比べたら需要も少ないだろうし、そこまで力を入れて制作しているところが少ないのかもしれませんね。

どんなイメージのリースを探していたのかというと、ドライフラワーなどの自然素材を使っていて、シャビーすぎなくて、色合いがアンニュイ(古い表現?笑。)なもの。
そもそも私の中のイメージも抽象的ではあったのですが。笑。

とにかく探しているイメージに近いものには、出会えなかったのです。

巷にあふれるプチプラのグッズ

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)ママでも今はじめよう、新しいこと vol.14 ルトロワこだわりのハロウィンリース
どころでみなさん、ハロウィンなど季節のイベントなどの飾りってどこで購入されますか?
100円ショップやプチプラ雑貨屋さんに行けば、種類豊富にイベントグッズが揃っていますね。

店頭に並ぶのも早くて、100円ショップの前を通りかかって「あぁ、もうこんな季節か。」と感じることもあります。
プチプラのお店の商品の中から、イベントグッズをひとつ選んでと言われれば、「じゃあ、これかな。」と選ぶことができるかもしれません。

私もプチプラのお店をよく利用しますが、気軽に買える分、気軽に捨ててしまうことも多い気がするのです。
思い立った時に気軽に買えるのがプチプラのよさですが、イベントが終われば、迷いもなくさよならしてしまうんですよね。

なぜでしょう?

「こだわって選んだ。」とか「価値を感じて、ちょっと頑張って買った。」とか買ったものへの思い入れが少ないからなのかな。

ルトロワの商品はこだわりの品

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)ママでも今はじめよう、新しいこと vol.14 ルトロワこだわりのハロウィンリース
ルトロワの商品は、ひとつひとつこだわって花材を選び、制作しています。
ルトロワでは、プチプラグッズを買うときとは違う、心も満たされるようなお買い物体験をしていただきたいんです。

ルトロワを選んでくれた方が、選んでよかった、価値あるお買い物をしたと感じていただけるよう、しっかり発信していかねば!
と改めて感じながらハロウィンリースの制作をしていました。

プチプラの気軽さとは違う、大切に思ってもらえるような商品をお届けしたい!という熱い気持ちでルトロワ、営業中です!

ハロウィンリースができるまで

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)ママでも今はじめよう、新しいこと vol.14 ルトロワこだわりのハロウィンリース
だいぶ脱線しちゃいましたが、ハロウィンリース、気に入ったものに出会えないなら自分で作ってみよう!というのがはじまりで、今年初めて、制作しました。
さて、どんなリースにしようかな〜?

フレッシュな花材がだんだんとドライになってゆく過程を楽しめるリースで、クリスマスとはまた雰囲気の違うリースが作りたい、じゃあ具体的にはどんな花材を使おうか?

子供たちのことをしばし忘れて、没頭して考える時間が結構好きです。笑。
イメージがまぁまぁ煮詰まったところで市場へGO!
市場を巡りながら、モシャモシャっとした葉物とハードなイメージの葉物を合わせて、オレンジ色のケイトウと何か実物をポイントにしよう!と決定!

モシャモシャ葉物=ニッコリー(ユーカリ)
ハード系葉物=グレビレア・アイバンホー
ケイトウ=サンライズオレンジ
実物=ビバーナム・ティヌス

お〜!これは大人シックでいい感じ!素敵なリースになりそう!とワクワクしながら制作に入ると‥
ニッコリーのモシャモシャ感が気に入ったのですが、細いのでたくさん使って仕上げていく必要があり、イメージしていたボリュームが出るまで、思った以上に時間がかかり、とても根気のいる作業でした。笑。

でも、できたリースはやっぱり素敵!これだ〜!と思うものができました。
リボンもあれこれお店を見に行って、リースとの相性抜群のスエード調のリボンと出会い、無事完成〜!
完成したハロウィンリースはオンラインショップでの販売がメインとなるので、箱に入れて発送します。

梱包はどうしようか?
箱を開けた時に「わぁ!」って喜んでもらえるには、敷紙は濃い色よりも白系のほうがリースが引き立つな。水分が飛ばないようにセロファンで覆いたいけど巻いてしまったら開けにくそうだから、セロファンは上に乗せるだけにしよう!
お手入れ方法も書いて入れた方か親切だよね?お手入れ方法も入れておこう!

ひとつひとつ手探りな部分もありましたが、最後は我が子をお嫁に出すような気持ちでハロウィンリースを送り出しました。

自分で言うのは恥ずかしいんですが、ハロウィンリースは、数年前からの思いもあったので、私自身、満足度の高い制作でした。笑。

さて、ハロウィンが終わると、今度はクリスマス!クリスマスこそリースのシーズンですね。
ブーケはちょっと難しそう‥と思う方でもリースやスワッグ作りは楽しめたりするので、密にならないよう、換気や消毒に配慮しながらワークショップができたらいいな、いや、しよう!と思っています。

スケジュールが決まり次第、Facebook、Instagram等でお知らせしますので、お近くの方、ご興味のある方、ぜひチェックしてみてくださいね。

な〜んて、もうクリスマスのお知らせをする時期なのですね。
2020年も残すところ2ヶ月とちょっと!
なんだか今年は感覚が平常時とちょっと違って、ふわっとしている感じもありますが、良い締めくくりができるよう、前進あるのみ〜!
また来月もよろしくお願いします!

前回のエッセイはこちら

こんにちは。ルトロワのユキです。9月に入ってもまだ続く猛暑、大きな台風。自然に恐怖を感じたり、災害に備えて行動することが以前よりも頻繁になったと感じます。子供たちからも防災グッズを揃えておいた方がいいのでは?と提案されました。今まで結構高いのよね、...

Le Troisのサイト

おふたりともとてもバランス感覚がよくて、私もキュンキュンする美しいブーケが完成しました。そして最高のおもてなしランチ&デザートをいただきました。ありがとうございました!


KOLMEではユキさんの活躍を全力で応援中!

フラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 KOLME(コルメ)ディプロマコース卒業生・ユキさんがカタチにする「花とはたらくということ」

ユキ

KOLMEディプロマコース卒業生。栃木県出身、二児の母。千葉県柏市の自宅で花のアトリエ「Le Trois(ル トロワ)」をプレオープン中。 好きなものは渓流...

プロフィール

この記事を読んだ人はこちらもチェックしています

同じカテゴリーの記事