ホテル装花めぐり パレスホテル東京 2020年8月

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)ホテル装花めぐり パレスホテル東京 ロビー 装花
TOKYO花さんぽ

遠方への里帰りや旅行もままならない2020年の夏。
これもいい機会ですので、都内の気になるスポットをめぐることにしました。

今回はパレスホテル東京の8月の装花をお届けします。
前回ご紹介したUNIQLO FLOWERで、真夏でも切り花が楽しめることを知った直後の訪問。
お店に並んでいた花材がホテルだとこんな風に飾られるのですね〜。

パレスホテル東京で装花を見学してきました

ラウンジとレセプションを結ぶロビーがメインの装花スポットです。

白とグリーンの花材と透明の花器がモヒートみたいで目に涼しい。
ドウダンツツジの細かな葉と、シュロのエキゾチックな形が対照的ですね。

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)ホテル装花めぐり パレスホテル東京 ロビー 装花白いアルストロメリアのとなりは、なんとサボテン。
切り花にはできないから、土ごとガラスの器に植えちゃうんですね。
いろいろ考えるなあ〜。

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)ホテル装花めぐり パレスホテル東京 ロビー 装花

トルコキキョウとバラの実はグレーのすりガラスの花器に。
モルタル調の色と質感は、どんなインテリアにも似合いそうですね。
水の濁りも隠せて好都合!

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)ホテル装花めぐり パレスホテル東京 ロビー 装花
フウセントウワタ、トルコキキョウの後ろ、シュロの根本には白いランがちらりと生けられています。
にしても、シュロの存在感!

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)ホテル装花めぐり パレスホテル東京 ロビー 装花
レセプションには、浅い水に浮かばせたつるアイビーと白いラン。
口が不揃いなガラスの鉢が和みます。

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)ホテル装花めぐり パレスホテル東京 ロビー 装花

目の前の皇居が借景だなんて、贅沢ですよね〜。

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)ホテル装花めぐり パレスホテル東京 ロビー 装花
ロビーラウンジにて8月31日までの期間限定メニュー、抹茶&あずきのシェーブアイスと白玉。
芝生のようなもふもふ氷を掘り進めると、たっぷりの小豆がこんにちは〜。
白玉あずきも楽しめて、ちょっとした軽食のボリュームがあります。
かき氷でお腹いっぱいになったのは初めてですよ。

あっ、花を見に来たはずなのに最後はおやつで締めくくりになってしまいました。。。

装花は素敵だし、皇居の緑色はいつ来てもきれいだし、お菓子は美味しいし。
やっぱりパレスホテルはいいな〜。

パレスホテル東京 ロビーラウンジ ザ パレス ラウンジ

住所
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-1-1
ウェブサイト
https://www.palacehoteltokyo.com/restaurant/the-palace-lounge/

2019年11月に訪れたときはこんな装花でした。

洋の東西・過去も未来も問わず、あらゆるカルチャーが交差する都市、東京。「TOKYO花さんぽ」では、東京都内の庭園、装花の美しいホテルや美術館、花屋さんなど「東京の花の風景」をめぐり、パリスタイルフラワーアレンジメントのイマジネーションを深めていきます。...

Michiko

KOLME妹。東京都出身。webデザイナー兼プログラマー発、アパレル経由、KOLMEの裏方兼フォトグラファー(何でも屋)。感覚と論理の世界を行き来する末っ子...

プロフィール

この記事を読んだ人はこちらもチェックしています

同じカテゴリーの記事