背後に不意打ちを食らう

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 羽根木 KOLME(コルメ)背後に不意打ちを食らう
Michikoの雑記帳

ある日の午前中、ダイニングチェアを解体していたときにそれは不意にやってきました。
なにがですって?

ギックリ背中です。

前日のレッスンで生徒さんからギックリ背中の話を聞いたばかりのこのタイミング。
痛くて起きていられないと聞いていましたが、そのとおりですね。

床をのたうち回る自分の、笑えるほど情けない姿よ。
痛い→笑う→痛い→笑う→痛いの地獄のループでした。

1〜2日は寝たきりを強いられると覚悟していたのですが、友人が遠隔レイキを送ってくれたおかげでその日の午後には立てるように。
レイキってすごいんですよ。
ギックリ腰や風邪はもちろんのこと、ちょっとした火傷や切り傷の痛みも長引かずに、何もしないときよりも早く回復するし(個人的感想)。
一家に一人できる人がいると、何かと重宝するスキルかと。
フラワーレッスンの生徒さんが持っていた、服部みれいさんの手帳の中でも紹介されていたので、一般的にも知られつつあるのかな?

なんだか勧誘みたいになったので、話はここまでにして…。

その節は方方に大変ご心配をおかけしました。
みなさまもくれぐれお気をつけください。

レイキの詳しいことはこちらへ

レイキとは、誰の身体にも流れている身近なエネルギー、それを上手く使うと、自分の手で家族・友人の病気や不調が治せてしまいます。リラックスして手を当てるだけでレイキが流れて、身体の病気や心の病気を改善出来ます。

Michiko

KOLME妹。東京都出身。webデザイナー兼プログラマー発、アパレル経由、KOLMEの裏方兼フォトグラファー(何でも屋)。感覚と論理の世界を行き来する末っ子...

プロフィール

この記事を読んだ人はこちらもチェックしています

同じカテゴリーの記事