自宅でフラワー教室を開くには、どんな準備をしたらいいの?

パリスタイルフラワー教室開業 ビジネスの仕組み作りとweb集客で売れるスクールへ 東京 世田谷 KOLME(コルメ)レギュラーレッスンレポート 2020年6月
教室づくり

自宅で花を教える仕事がしたい。

と思ってはいるけれど、どこから手を付けたらよいか分からない…。
そもそも、準備ってどんなことをするの?

初めてのチャレンジはわからないことだらけですよね。
そこで、自宅フラワー教室のオープンに必要な準備についてざっくりとご紹介です。

自宅フラワー教室オープンに必要な準備

気持ちの確認

本当に自宅フラワー教室を開きたいのか、自分の意志を確かめます。
オープンまでの過程には「好きなことなのに、どうしてこんなにしんどいのか…」という出来事がしょっちゅう起こります。
それを乗り越えて仕事にできるか、趣味で終わるかは、「好き」の強さが左右します。

家族の理解

家に生徒さんを招き入れて部屋を使うとなると、一緒に暮らす家族にも配慮してもらうことになります。
「自宅フラワー教室を開きたい」気持ちだけでなく具体的な計画を伝えて、協力を得やすい環境を作りましょう。

必要スキルの確認

花を教えるために必要なスキル、資格を洗い出します。
足りないポイントは、
・現場で働く
・学校に通う
・理想の形に近いところへ行ってみる
なりして、勉強します。

場所の確保

・独立した部屋なのか?
・部屋の一角なのか?
・私物をどうするか?
・お子様連れの場合、安全面はどうするか?
・住所はどのタイミングで公表するのか?
などをクリアして、生徒さんが快適にレッスンを受けらる空間を作ります。

レッスンメニューや価格の決定

生徒さんに提供するレッスンを考えます。
レッスンは一つだけか、いくつもあるのか?
メニュー全体の構成、一つ一つのレッスン内容と価格も決めます。

仕入れ先の確保

仕入れ先によって方法やコストが変わります。
どこで仕入れるのかを決め、そのために必要な届け出などを済ませます。

資材・備品の選択

花以外にレッスンで使う資材、備品を選びます。

集客

ネットやチラシ、口コミなど、ありとあらゆる媒体で教室のをPRします。
準備段階からSNSなどで発信すると、オープン前からのファンが生まれやすくなります。
教室を知ってもらうには、こまめな発信が欠かせません。

軌道修正しながら準備をしよう

以上が自宅フラワー教室オープンに必要な準備でした。
かなりざっくり目ですが、だいたいのことがはっきりすると次の行動をとりやすくなりますよね。

本業や子育てと同時進行だと、当初の予定よりも時間がかかることがあります。
ときには軌道修正をしながら、着実に準備を進めましょう。

KOLMEのディプロマ説明会では、フラワー教室の開業についてのご相談も承っています。
ご相談は無料ですので、「花の仕事をはじめる」が将来の選択肢の一つにある方はぜひご利用くださいね。


まずはトライアルレッスンでKOLMEの世界観を体験!

新型コロナウイルス感染防止対策はこのように取り組んでいます。

未だ新型コロナウイルスの収束が見えない中ですが、花に触れて心が健やかになっていただけたら嬉しいです。KOLMEでは、以下の感染症予防対策を徹底します。・マスクの常時着用・うがい、手洗い、手指の殺菌・消毒・出勤前の検温・アトリエの入り口ドア、窓を明けての換気・レッスン定員の縮小あわせて、レッスンご受講の方へ以下のご協力をお願いいたします。・マスクの着用・手洗いまたは手指の消毒・37℃以上ある方、体調がすぐれない方の入室制限レッスン後のティータイムにつきましてレッスンのお菓子は個包装の状態でお渡しします...

Michiko

KOLME妹。東京都出身。webデザイナー兼プログラマー発、アパレル経由、KOLMEの裏方兼フォトグラファー(何でも屋)。感覚と論理の世界を行き来する末っ子...

プロフィール

こちらもよく読まれています

同じカテゴリーの記事