BLOG

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. フラワーご注文
  4. 生の香りのクリスマスリース・スワッグを季節の贈り物に

生の香りのクリスマスリース・スワッグを季節の贈り物に

今年もあとわずか。日頃の感謝を伝えたい方への贈り物はお決まりですか?今年はフレッシュなクリスマスリースやスワッグはいかがでしょうか。

季節の贈り物は、日ごろお世話になっている方への感謝の気持ち。暮れの忙しい時期に相手を思いやる心は、日本ならではの素晴らしい習慣ですね。

感謝の気持ちを表すお歳暮

暮れのご挨拶・お歳暮が生活に取り入れられるようになったのは江戸時代。年の暮れに、年神様にお供えする品を本家や家元へ家族が持ち寄るようになり、帰省できない分家などはお供え物を本家へ贈っていたそうです。それがやがて親しい人や、お世話になっている方へ贈り物をする風習に変わっていきました。

「新年を迎えるお祝いのための、少し贅沢な品物」として、保存がきく食品の中でも一番のご馳走の鮭や数の子といったを贈ることが多かったお歳暮。最近は食品に限らず、生活雑貨やシクラメンやポインセチアといった花ギフトも多く使われています。

心のこもった贈り物102301

11月になると徐々にクリスマスの飾りが賑やかに街を彩ります。住宅街でも、植木や庭木に電飾を施したり、リースやスワッグを玄関に飾っているお宅が増えてきて、寒い外歩きでも心は温かくなります。

フレッシュなグリーンをふんだんに使ったKOLMEのリースとスワッグは、玄関のドアを開ける度にふんわりと温かな香りが気持ちを穏やかにさせてくれます。お出かけする時は「いってらっしゃい、気を付けて!」と、お帰りの時は「おかえりなさい、お疲れになったことでしょう。ゆっくりお家で休んでくださいね。」と森の妖精たちが声をかけてくれるようです。

お正月飾りと共通することも多いクリスマスモチーフ

ほほをかすめる空気が冷たくなり、街の中でクリスマスの飾りを見かける機会もふえてきました。カラフルなツリーやリースはいくつになってもウキウキしますね。クリスマスは特徴的なモチーフや色、オーナメントのデザインがありますが、それぞれにどんな意味が込めら...

大切な方へ、一年の労いとこれから迎える年への希望を込めて、KOLME特製 生の香りのクリスマスリース・スワッグの贈り物をおすすめします。

ご注文

10_28_04リース(仕上がりサイズ直径約35㎝)

10_28_05スワッグ(全長約50cm)

ご希望のスタイルをお知らせください。配達ご希望日もございましたら合わせてお選びください。

クリスマスリース  10800円(税・花材込)+送料
クリスマススワッグ 10800円(税・花材込)+送料

11月24日迄にご注文 → 11月26日から順次発送
12月  1日迄にご注文 → 12月  3日から順次発送
12月  8日迄にご注文→ 12月10日から順次発送

<①メールでのご注文>
下記のフォームからお申し込み下さい。追って詳細をお送りします。

ご注文者様お名前 (必須)

ご注文者様フリガナ (必須)

ご注文者様メールアドレス (必須)

ご注文者様郵便番号 (必須)

ご注文者様ご住所 (必須)

ご注文者様お電話番号 (必須)

お届け先のお名前(必須)

お届け先のお名前フリガナ(必須)

お届け先郵便番号 (必須)

お届け先ご住所 (必須)

お届け先お電話番号 (必須)

ご用途 (必須)  

料金 (必須)  

ご希望のお届け日 (必須)  記入例:12月2日(金) 

ご希望のお届け時間帯

備考(ブーケ色味、花材の希望など)

メッセージカード(無料)をご希望の場合は、メッセージ文を記入してください。100文字以内

KOLMEからのお知らせメールをお送りしてもよろしいでしょうか (必須)
はいいいえ

お問合せ・お申込みの前にの内容に同意する。

<②KOLME店頭にてご注文>
事前にご来店の上ご注文ください。クレジットカードでもお支払いただけます。


フレッシュな枝を使ったクリスマスリースとスワッグはこうやってお手入れしてくださいね。

レッスンで作ったフレッシュなクリスマスリースやスワッグ。せっかくなら一日も長く新鮮な色と香りをキープしたいですよね。そこで今回は簡単にできてキレイが長持ちする、リースとスワッグのお手入れ方法をご紹介します。リースとスワッグ、形は違えどお手入れの方...

ご自宅用にはご自分で作ってみましょう。
>>>生の香りのクリスマスリース・スワッグレッスンを簡単手作りレッスン

パリスタイルってこういうスタイルです。
>>>パリスタイルフラワーアレンジメントの特徴

絶対に生の花じゃないと!という譲れない訳があります。
>>>KOLMEのフラワーレッスンが生花にこだわる3つの理由

 

関連記事

検索