BLOG

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 写真を撮る
  4. 終了【8/4~6 写真展限定】スマホ写真ワークショップのご案内

終了【8/4~6 写真展限定】スマホ写真ワークショップのご案内

8/4〜6にKOLMEでMichikoの写真展「暮らすように旅するパリ」会期中にスマホ写真ワークショップを開催します。
それぞれのワークショップでは、以下のテーマを中心に学びます。
8/4(金) 光の読み方 – 手触りの分かる写真を撮ろう-
8/5(土) 余白の撮り方- 余韻を生む写真を撮ろう-
8/6(日) アプリを使った加工- 写真に風味をプラスしよう-

8/4〜6にKOLMEでMichikoの写真展「暮らすように旅するパリ」を開催します。展示するのは5月に訪れるパリで撮影した写真。KOLMEのコンセプトである「Art de vivre(日常生活を含め、自分をとりまく全ての環境を創造的に楽しむという美学)」の本場・パリで実際に暮ら...

ひと味違う写真のポイントは「おしゃれ感」

SNSに日々アップされるたくさんの写真

「あの写真、なんてことないのにいい感じに見える…」
「わたしが撮るとイマイチな写真になっちゃうのに、なんでだろう?」

と感じた経験はありませんか?

なぜかいい感じに見える写真とそうでない写真の違いはずばり
“おしゃれ感”にあるとKOLMEは考えています。

スマホ写真ワークショップでは“おしゃれ感”のある写真を
簡単に撮るためのコツをお教えいたします。

おしゃれ感のある写真に必要な二つの要素

ではKOLMEの提唱する“おしゃれ感”のある写真とは一体どんなものなのでしょう。
そこには次の2つの要素が欠かせないと考えています。
(1)光と影による質感
(2)余白による空気感

まずはそれぞれの要素についてご説明します。

光と影で質感を表す

例えばハンドメイドのアクセサリーの写真を撮るとしましょう。

アクセサリーは、パーツが複雑に組み合わされています。
サテンの糸、革のリボン、マットなビーズ、ガラスのクリスタルなど、
それぞれの部分によって質感が異なりますよね。
張り、コシ、しなやかさ……それぞれの部分が持つ質感をよーく観察してみましょう。
次にその質感を写真に表現するためにはどのような「光と影」が必要なのかを考えます。

実はこの光のあたり方、影のでき方一つで写真の印象が大きく変わるものです。
ワークショップではこの「光と影」の作り方について解説いたします。

余白で空気感を表す

お部屋にお花があると、心が落ち着いたり元気になることがありますよね。
お花があることで生まれるその場の空気感も写真に撮れたら……と思ったことはありませんか?

実は“おしゃれ感”のある写真には、例外なくこの空気感も
一緒に写されているということにMichikoは気付いてしまいました。

ただし何となくお花の写真を撮っただけでは空気感まで写すことはできません。
例えば画面いっぱいにアップで撮ったのお花の写真と、
少し引いた位置から撮ったお花の写真では、
受ける印象(つまり空気感)が全く違いますよね。
そこで大切になってくるのが「余白」という考え方です。

写真という限られたスペースの中で空気感を表現するために必要な「余白」。
ワークショップではこの「余白」の作り方について解説いたします。

写真の魅力をさらにUPするアプリ加工

自分の目で見た被写体と、写真に写った被写体を見比べた時に、
「本当はもっと明るいのに、鮮やかなのに…。」
と、物足りなく感じることはありませんか?
写真加工アプリを使えば、あなたの思い描いていたイメージにぐっと近づけることができます。

アプリなんて使ってことないし、加工なんて難しいのでは?
いえいえ、そんなことはありません!!
写真加工の基本的な考え方は、とてもシンプルです。
アプリを使ったことのない方でも、簡単に写真の魅力をアップする加工の方法をお伝えします。

ワークショップでは

花と雑貨を被写体にした「テーブルフォト」を撮影します。
8/4(金)の回は光と影を、8/5(土)の回は余白を中心に、8/6(日)の回はアプリを使った写真の加工を学んでいきます。

ワークショップの流れ

座学(8/4、8/5)

まずはスマホのカメラでお花や雑貨をおしゃれに撮る方法について、
下の4つの基本をお話しします。

1.撮る場所を片付ける
2.光の向きは「横」または「斜め後ろ」
3.カメラ位置を縦か横か決める
4.中心からずらして撮る

詳しい内容はこちらをご覧ください。
>>>必見!スマホのカメラでお花をおしゃれに撮るカンタン4つの基本

座学(8/6)

スマホのアプリで写真を素敵に加工する方法について、
下の3つの基本をお話します。

1.写真を加工するとはどういうこと?
2.沢山あるアプリから自分に合ったアプリを見つけるポイント
3.アプリの使い方

実習(8/4、8/5)

座学でお話した4つの基本を意識しながら、早速お花や雑貨の写真を撮影してみましょう。
分からないことがあれば適宜アドバイスいたしますのでご安心くださいね。

実習(8/6)

お花や雑貨の写真を撮影したのち、画像の加工に移ります。
明るさや色の変化をご自分のスマホで確かめながら調整してみましょう。

ティータイム

お茶とお菓子でくつろぎながら実習で撮影したお花の写真を見せあいましょう。
ワークショップ中に気づいたことなどを皆さんにシェアすれば、より一層理解が深まりますよ。

8/6のワークショップは以下の流れで進めていきます。

こんな人におすすめです

・SNSにアップする写真をスマホでおしゃれに撮りたい人
・スマホのカメラを使い慣れていない、苦手な人
・お花や雑貨の写真をキレイに撮りたい人
・アプリを使った写真の加工がはじめての人

このワークショップでおしゃれな写真の撮り方・加工の方法を身につけて、
今年の夏休みの思い出をたくさん残しましょう。
ご参加お待ちしております♪

ワークショップ連続参加で割引あり

8/4〜8/6の期間中のスマホ写真ワークショップ(¥5400/1回)を連続ご参加の場合、
参加費が割引になります。

スマホ写真ワークショップを2回受講の場合

スマホ写真ワークショップ×2回=¥10800
のところ、¥9720に!

スマホ写真ワークショップを3回受講の場合

スマホ写真ワークショップ×3回=¥16200
のところ、¥12960に!!

【8/4~6 写真展限定】スマホ写真ワークショップ詳細

募集終了しました


9月スタートのスマホ写真レッスンでは、写真の撮り方、加工、ウェブ発信まで総合的に学べます。
>>>フォトブランディング 〜あなたの教室をいっぱいにするスマホ写真レッスン〜

テクニック不要で簡単におしゃれなお花写真が撮れる4つのステップです。
>>>必見!スマホのカメラでお花をおしゃれに撮るカンタン4つの基本

写真の力は数字に表れます!!
>>>KOLMEが売上を前年比3倍に増やした写真術 〜3つのNG写真〜

ニュースレター「こるめーる」でレッスン日程やイベント開催スケジュールをいち早くご案内しています。
>>>こるめーる登録ページ

関連記事

検索