レッスンで大切にしていること。

Kazukoマインド

KOLMEのレッスンは大きく二つに分かれています。
一つは、趣味として花を楽しみながら、自分の好きを表現していくレギュラーレッスンとプレディプロマレッスン。
もう一つは、自分の可能性を探りながら、花の仕事や自分のやりたいことを形にしていくためのディプロマレッスン。
目的は違えど、花に対する姿勢はどちらも同じです。
そこで、KOLMEレッスンで大切にしていることをお伝えします。

テクニックを身に付ける

レッスンの第一の目的は、花のテクニックを身に付けること。
花の扱い方、作品を作る際の色合わせ・花材合わせ、デザインに沿った下処理方法、スパイラルテクニック等々
それらをしっかりお伝えしています。

テクニックを向上させるには、月に一度のレッスンだけでは足りません。
レッスン以外でいかに花に触れるかが肝になってきます。
でも、それはご自分の目的に合わせてで良いでしょう。

ディプロマ生には具体的に課題を与えて実践してもらうようにしています。
実践したらディプロマ専用のグループにレポートしてもらい、作品の講評をしています。
生徒同士でも率直な感想をコメントして、互いに切磋琢磨しています。

イメージする力をつける

KOLMEのレッスンは、私が作るお手本というものがありません。
数年前までは、お手本がないことにビックリされる体験レッスンの方がいらっしゃいました。
最近はKOLMEのスタイルをネットでご覧になってレッスンにいらしてる方がほとんどなので
頭の中に作るもののイメージが、ぼんやりとでもできてらっしゃいます。

たまにお手本ブーケがあっても、生徒さんはあえて見ようとしません。
「見ると影響されるから見ません。」とのこと。
さすが!分かってらっしゃる!

もちろん毎回違う花材ではイメージできないこともあります。
でも、それがKOLMEのレッスン。
私が少しサポートをするだけで、あとは生徒さん自身でできちゃいます。
そんなことを何度も繰り返すと、レッスン花材の説明の時点で仕上がりイメージができるようになります。
レギュラーレッスンを続けることで、十分にイメージ力はアップします。

ディプロマレッスンでは、さらに先読みできるようなカリキュラムになっています。
ディプロマレッスンならではの花材選びは、ゼロから作品を組み立てていくのに必要不可欠です。
それを繰り返すことによってイメージ力が強化され、作品の幅が大きく広がります。

自分を表現する

表現するというと大げさな感じがしますが、要は自分の好きなスタイルを目の前の花材でかたち作ることです。
自分の感性を信じて、好きに作ってもらうことがレッスンの目的です。

そのためには、イメージ力とテクニックが必要となってきます。
「好きに作る」って簡単そうだけど、最初は難しいでしょう。
多くの人は自分の感性に気付かなかったり、自信が無くて否定したりします。
そこを素直に「好き💛」「きゃ💛」「かわいい💛」と言って、感じた通りに花を配置していけば自分らしさ満載の究極の作品ができるのです。

その喜びをぜひ味わっていただきたい!
身近な花がこんなにも幸せを運んでくれるなんて!

花はツールなレッスン

KOLMEはフラワースクールですが、花はツールでしかありません。
私たち姉妹は、花オタクを作るのではなく
カッコイイ女性を作りたい!
(そもそもKOLMEにいらっしゃる方は皆さんカッコイイのですが、あえて言わせて。)

自分に自信を持って、好きを好きと言える。
自分のアイデンティティをしっかり持って
人に流されない芯の強い女性。

人の痛みの分かる優しい女性。
ユーモアセンスたっぷりで、いくつになってもおバカができる女性。

そんな、カッコイイ女性になりたいし
そういう人が多ければ世の中はもっと良くなるはず。

そんな思いでレッスンをしています。
まだまだ修行が足りない私ですが、皆様と一緒にカッコイイ女性を目指して
花の力を借りて精進してまいります。


まずはトライアルレッスンでKOLMEの世界観を体験してくださいね。

プレディプロマコースレッスン、ディプロマコースレッスンを検討されている方へ、無料説明会を開催しています。
お気軽にお問い合わせください。

Kazuko

KOLME姉。東京都出身。幼い頃より日本舞踊から茶道、華道を習い、日本の伝統美に触れる元・三味線奏者のパリスタイルフラワーアーティスト。責任感が強く面倒見の...

プロフィール

この記事を読んだ人はこちらもチェックしています

同じカテゴリーの記事